信頼できる歯科医院を定期的に受診|受付はその施設の顔

歯科

乳歯の健康を保つ

歯医者

歯科医院に通う必要があるのは、大人だけではありません。まだ大人の歯が生えていない小さな子どもでも、歯科医院に定期的に通うことが大切と言われています。どのくらいの年齢から歯科医院に行けば良いのか迷う親御さんもいますが、乳歯が生えてきたタイミングで連れて行きましょう。巣鴨にある歯科医院でも、乳歯のうちからの積極的な歯科検診を呼びかけているところは多くあります。1歳前後で乳歯が生えてきます。その頃に健康的な歯を保つ事は、永久歯が生えてきた時に大きく関係してきます。また、歯科医院では、希望する患者さんにフッ素を塗ってくれるところもあります。フッ素は、虫歯になりにくくするための予防処置の1つです。フッ素は、虫歯予防に効果的と言えますが、全く虫歯になる心配があるということではありません。おやつやジュースを毎日頻繁に摂取していたり、きちんとしたブラッシングが出来ていないと、虫歯になります。そうならないように、おやつやジュースなどの甘いものをダラダラと食べさせないようにしたり、親御さんも正しいブラッシング方法を知っておく事が大切です。巣鴨にある歯科医院でも、親御さんへのブラッシング指導を行なっているところもありますので、こうした指導を受けてみると良いでしょう。歯科医院と聞くと、怖い、痛いと言ったマイナスなイメージを抱くお子さんも多くいます。最近では、小児歯科を専門に治療を行なっている歯科医院が、巣鴨でも増えています。こうした歯科医院では、小さなお子さんが安心して受診できるような工夫をしています。親子で通える歯科医院も巣鴨には沢山ありますので、子育て中で忙しいお母さんも一緒に治療することが出来ます。